FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

小説「最高の花」。

2017/08/03
0
先日読んだ本がありますww
それがコチラ↓

id_qoo-img600x449-1495962646gppm9j602.jpg

内容は、病弱な公女ソフィアと、周囲から忌み嫌われていた従騎士ドラーク。
追いやられた“廃宮"で出会った二人は、やがて惹かれあっていく。
だがある日突然、引き離されることに。「必ず戻る。それからは二度と離れない」そう誓うドラークだったが、
六年後に再会した彼は、有能な騎士となり、ソフィアの妹の夫となっていた。
それなのに、彼は強引にソフィアを組み敷き、欲望を放ってきて……。
「あなたは何も知らなくていい」と告げ、ソフィアを抱き潰すドラークの真意は!?…だそうですww

ずっと病弱で日の光の当たることが出来ず廃宮で暮らす公女ソフィア。
反対に腹違いの妹・マルハレータは、我ままいっぱいに育っています。
そこへ人々から忌み嫌われる「赤毛」を持った従騎士ドラークがあてがわれます。

はじめは、なかなかうち解けなかった従騎士ドラークでしたが。
ソフィアの純粋な優しさにふれ、本当に「この方の従騎士」となりたい、と願うのでした。

その日から従騎士ドラークはソフィアのために、一所懸命に騎士を務めます。
ですが、それが裏目に出てしまい、その働きぶりから、ソフィアの騎士をやめ、マルハレータの騎士を務めるように、と大公から命令が下ります。

ソフィアはこばみますが。
従騎士ドラークがソフィアを喜ばせようとして、城から連れ出した事が大公の口から明るみされます。

ソフィアは仕方なくドラークを手放すのですが。
ドラークは拒否します。

ですが、大公には逆らえません。。。
無力の自分に涙しながら、ドラークは廃宮を去ります。。。
ソフィアも悲しみから、涙にくれます。

それから6年後。
再会した彼は、有能な騎士となり、ソフィアの妹の夫となっていたのです。

ですが、その日より、ソフィアを組み敷き、己のがものにしたドラーク。。。
彼は、いったい何を考えているのか…!!?

という感じの本ですヾ(o´∀`o)ノ
前に読んだ事のある作家さんの本で、気になってはいたのですが。。。
「妹の夫か~…(;一_一)」と思い、なかなか手を出す事が出来なったのです。

が、これが読んでみると、めっちゃ面白いんですよねww
ドラークがどうしてソフィアの妹の夫になったのか、とか…理由がちゃんと分かってナイスでした(*≧∪≦)

しかもドラークはソフィア一筋でww
めちゃくちゃカッコイイです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

ソーニャ文庫さんですので。
やはり「歪んだ恋」がテーマですが、、、これはナイスな作品でしたーーーーー\(^o^)/
もっと早くに読んでればよかった、と思う作品でしたねww

エロいシーンも盛りだくさんですし、最後はHappyEndで、めっちゃよかったですo(≧ω≦)o
これもお勧め本ですので、読んだ事のない方は、是非読んでみてくださいませ(((o(*゚▽゚*)o)))
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx