FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

「精霊の守り人シーズン3」4。

2017/12/18
ドラマ 0
一昨日も「精霊の守り人」の4回目の放送がありましたよねww
観ましたよ~ヾ(o´∀`o)ノ

内容は、第4回「ログサムの野望」

カンバル王・ログサムから「カグロは本当にジグロを殺しのか?」と詰問され、バルサは「はい」と答えます。
すると、ログサムは「では、私も本当の事を言おう。ジグロは盗みなとしておらん。ジブロが持ち去ったのは、最強の「王の槍」である証の己の「金の輪」だけだ。私がジグロが他の金の輪を盗んだように見せかけ、カグロが持ち帰ったように仕向けたのだ」と言うのでした。
しかし、バルサは何も言いません。

すると、バルサの槍を確かめるために、ログサム直々に槍の手合わせをすることに。
ですがバルサが本気を出さずにいると。
ログサムはバルサを挑発する為に「ジグロのように一生逃げ回るか?」と言い放ちます。

挑発されたバルサは、ログサムと激しい死闘を繰り広げて、ログサムを追い詰めます。
流石のログサムもバルサ=ジグロの槍の前には敵わなかったようです。

後一歩という所で、ログサムの息子・ラダール王子が割って入り、「今は無駄な殺生してる場合ではありません」と父・ログサムを説得するのでした。
それを聞き入れ、バルサをひとまず牢に入れ「チャグム皇太子に居所を吐かるのだ」と命令するのでした。

さんざん痛めつけられたバルサの元に、カグロがやってきます。
「なぜ、あの時私を庇った?」と聞くと。
バルサは「あんたがこのカンバルを「王の槍」として守る事がジグロの願いだ」と言うのでした。
「あんたは嘘を吐く続けけろ。何があっても…それがジグロの願いだ」と言うと、カグロは「私にできる事はないか?」と尋ねます。
するとバルサは「タルシュ帝国と同盟を結ぶな。タルシュに騙されるな」と訴えるのでした。

その頃、タルシュ帝国では好戦的で野心家なラウル王子を疎んじている皇帝の手先・総督のベリスに「なぜ、ラウル王子自ら出兵しないのですか?」と尋ねられます。
「私はここでも闘っている」というラウル。
しかし、ベリスはヒュウゴに「ラウル王子にこれ以上戦争を仕掛けないように」と命令しますが。
「ラウル王子が他に野心を持たぬように、そのようにもっていったのは皇帝とあなただ」と反論するのでした。

しかし、ラウルは皇帝の命により、北の前線に向かい進軍する兵を直々に指揮する事になったのでした。

一方新ヨゴ国では、タルシュと通じている聖導師が、タルシュの密偵・セナと会っておりました。
そしてタルシュからの伝言で、チャグム王子が生きている事を知ります。
「チャグム皇太子が帰ってくる前に帝を殺せば、民の命と皇太子の命は保証する」と確約するのでした。
そを聞いた聖導師は、帝を殺す事を決意します。

が、その事を星読のガカイと狩人のモンに知られてしまいます。

聖導師は星読で信頼しているシュガにチャグムが生きているを伝え、「私は私が育てた神と共にこの世を去る」と告げるのでした。
しかし、聖導師は戦争に突き進む帝をやはり止める事は出来ず、殺す事が出来ませんでした。

チャグムは、全牧童の最長老トトの元で身を隠しておりましたが。
ナユグ(精霊の住む政界)の水が、サグ(この世)の山の氷を解かしているのを目の当たりにします。
そして、恐怖も覚えるのでした。

何とかしてカンバル王と同盟を結びたいチャグムでしたが。
カンバル王・ログサムは何と、「山の王」と呼ばれる相手と戦をするようなのです。
その事にヨンサ氏族・元氏族長ラルーグは「この山々に人間が戦いを挑むようなものだ」と危機感を抱くのでした。。。

そのログサムはバルサの力を見極めるため王の槍と闘わせようとしますが、バルサは固辞します。
すると、カグロの息子のカームを指名します。
カームは戦うつもりでおりましたが、それをある者が止めます。

それは、最強の王の槍・カグロでした。
そして自分が相手に名乗り出、バルサとカグロ、二人の闘いが始まるのでした。

2人は死闘を繰り広げますが。
バルサの槍の前にカグロは力及ばず、負けてしまいます。
すると、カグロは自ら負けを認め、「負けました。ですが我弟・ジグロは王の槍の誇りを持って、バルサを最強の武人に育てあげました。それにジグロは―――盗みなど働いておりません」と言い放ち、自分の金の輪を懐より取り出し、バルサの槍にはめてやるのでした。

そしてカグロその塔より飛び降り、命を落とすのでした。

バルサはショックで目を見ひらき、カームも叫びます。
悔しさからバルサはログサムに向かって金の輪を投げつけようとしますが。
その時、チャグムとラルーグが王宮にやってくるのでした(>_<)

チャグムはログサムの挨拶しますが、側にいる王の槍の中にバルサがいることを見つけ、驚愕するのでした!!

今回はこんな感じでしたーーーーーo(≧ω≦)o

うーーーーん!!
カグロ、カッコイイですww
ジグロや氏族の間で、ずっと嘘を付き続けなくてはいけない心の重さが伝わってきて、、、めっちゃよかったです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
渋いですね~www

それに、バルサもジグロの心を尊重するために、あえて嘘をつく。。。
ああ、堪らんです!!
カッコイイですわーーーーーー+゚。*(*´∀`*)*。゚+

でも、最後カグロが自分の負けを認めて、バルサに金の輪を譲り、ジグロの汚名も毅然否定し、死んでゆくところ。。。
最高にカッコ良かったですヽ(≧∀≦)ノ

カグロ、ジグロの兄弟…めっちゃ素敵ですよね~www

しかし、これでバルサはカンバルの最強の王の槍になっちゃいましたよ。。。
あのログサムの事ですから、利用すことしか考えてなさそう(ーー゛)

や、ドキドキします。
来週もめっちゃ楽しみですーーーーーーー(((o(*゚▽゚*)o)))
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ