FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

「コールド・ケース2」14。

2018/01/23
ドラマ 0
昨日もBSフジで「コールド・ケース2」の放送がありましたよねww
観ましたよ(*^_^*)

内容は、第14話ヴァレンタイン/Revolution

1969年12月。
フィッシュタウンで、エリナーという女性が絞殺されます。
その殺される前に、エリナーは親友のテリーとスザンヌの結婚式に婚約者のバドと、兄のブライアンと出ていました。
そこで歌手をしていたウォーレンと出会います。
のちにウォーレンとエリナーは恋人同士になりますが。

ウォーレンはエリナーが殺された晩に、ウォーレンの部屋で絞殺遺体で発見されます。
第一容疑者の恋人ウォーレンは、事件直後カナダへ渡り、その後消息不明になっておりました。

しかし時が経ち、父の死を知ったウォーレンが地元に戻ったことを掴んだリリーらは、再捜査を開始します。
ですが、当のウォーレンは、エリーが殺されたことを知らないというのでした。

事情聴取をしていると。
ウォーレンとは、思い合った恋人同士で殺された日の晩に、エリナーとカナダに逃げる事になっていたのでした。
しかし、エリナーには、当時小学生の時から付き合っていたバド・ライレッカーという婚約者がいたというのです。

リリーたちは、エリナーの兄・ブライアンに話しを聞きに行きます。
ブライアンはベトナム戦争で、足を負傷し、車いす生活をおくっておりました。
そして妹を殺したウォーレンに恨みを抱いていたのです。
ブライアン曰く「妹はもう直ぐ結婚して幸せになる予定だったんだ」と訴えます。

ですがウォーレンとの供述と一致しません。
それなら、とブライアンは妹の親友のスザンヌに話を聴け、と言います。
スザンヌはエリナーとはずっと親友で結婚当日もブライズメイドをしてもらった仲でした。

そのスザンヌ曰く、エリナーは自分の結婚式で出逢ったウォーレンに夢中だったというのです。
確かに婚約していましたが、ウォーレンに乗り換えたようでした。

なので、リリーたちはエリナーの元婚約者のバドを訪ねます。
しかし、バドも自分との仲はよかったし、殺された当日はサトウキビ工場で夜勤勤務していた、と供述します。

が、調べて行くうちに、バドは嘘を言っていた事が判明します。
エリナーが自分から離れて行った事に当時はかなりショックだったようです。
しかし、人殺しはしてない、と言います。

再度調査してみると。
エリナーの兄・ブライアンは、ベトナムで覚えたヘロインに溺れていた事が判明します。
そして、新たに今の鑑識にかけてわかった事ですが、エリナーの首にクロームが付いていた事で、兄のブライアンが急浮上します。
クロームは車いすに付着している塗料なのです。

そして事情聴取すると。
ブライアンのヘロインを止めさせようと、エリナーとウォーレンはブライアンを拘束させたりしていました。
そして、何とか止められように見えた兄でしたが、エリナーは兄を置いてカナダに行く決心がなかなかつきませんでした。
しかし、やはりこの小さな町から出たいという気持ちが勝って、エリナーはウォーレンと町をでる決心をします。

が足を悪くした事で、恋人とも別れ、唯一理解してくれていた妹のエリナーが恋人と町を出ていくことを知り、カッとなって絞殺したのでした。。。
そして、兄・ブライアンは逮捕され、ウォーレンは釈放されます。

そして、リリーとステファニーの間にも変化が。。。
仲良くなりかけていたのに、やはりステファニーが自分の同僚・スコッティと付き合っている事を知り「またやったのね!」と怒ったリリーは妹を家から追い出したのでした。。。

今回はこんな感じでした(・Д・)
や、またまた犯人が予想から外れていましたよ~(●^o^●)

私はてっきりバドかと思ってましたが、まさかお兄さんだったとは\(◎o◎)/!
いつもこの「コールド・ケース」は犯人が意外な人ですよね!!

面白いですーーーーーー(ノ∇≦*)

しかし、リリーとステファニー、やはり過去に何かあったようですよね!!
スコッティもリリーたちの助言を無視してステファニーと付き合っていますし、、、この後どうなっていくのでしょうか??

来週も楽しみですーーーーーー(っ*^ ∇^*c)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ