FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「女王未央」14。

2018/04/17
ドラマ・王女未央 0
昨日もBS12で「王女未央」の放送がありましたよね~ヽ(≧∀≦)ノ
観ましたよ~ヾ(o´∀`o)ノ

内容は、第14話「真実より大切なもの」

本物かどうか疑われた李未央(りびおう)が調べられることになり、偽者だとばれれば皇帝を欺いたかどで死罪になる危機が迫ります。
これが叱雲柔(しつうんじゅう)の陰謀だと気づいた李未央は彼女の裏をかこうとします。

が、叱雲柔(しつうんじゅう)は未央を育てた劉氏を呼び出し、皆の前に引き出します。
その際、未央を知らないと言った人物は、何と劉氏の近所にする夫人だった事が判明します。
絶対絶命のピンチの未央。

しかし拓跋濬(たくばつしゅん)は未央の事を全く疑っておらず、未央が庇いだてします。
そんな拓跋濬(たくばつしゅん)に、李長楽は「あの子は偽者です。私こそが殿下にふさわしいのです」」というと。
拓跋濬(たくばつしゅん)が、「君たちが県主を追い詰めているのか?! それながら私は決して許さぬ。たとえ県主偽物であったとしても、何か理由があるはずだ」と言い放つのでした。

そして、長楽ならの熱い愛の告白も素気無く振ってしまうのでした。

一方、そんな様子を面白く見つめている拓跋余(たくばつよ)。
そこへ李常茹(りじょうじょ)が拓跋余(たくばつよ)を見送るために現れます。
拓跋余(たくばつよ)は李常茹(りじょうじょ)に「従姉が偽者だと思うか?」と尋ねると、「今はないももうしません。もう暫くしたら真実が分かるはずです」と告げるのでした。

そして、またもや閉じ込められる未央。
そこへジ実母の七姨娘(しちいじょう)が食事をもってやってきます。
偽者かもしれない未央に疑いを持ちつつも、娘が可愛い七姨娘(しちいじょう)。
ですが、やはり確かめるために、腕の赤あざを確かめてしまいます。

それを見てやはりこの未央は私の娘ではない、と確信する七姨娘(しちいじょう)。

翌日になって、掘り起こされた死体が本当の未央と白状してしまう劉氏。
しかし、前に未央に告げられていた事実を思い出す未央(心児)。
そして、掘り起こされた死体の足の指が6本である事を告げます。
すると父親の李尚書も「これは李家のものではない」と確信するのでした。
しかし、そこへ、叱雲柔(しつうんじゅう)が未央を完全に陥れるために皆の前で死んだ李未央にそっくりな女性を連れてくるのでした。
そのせいますます窮地に陥ってしまう未央。

すると、母親の七姨娘(しちいじょう)が連れてこられ、二人の未央に困惑します。
が、皆の前で死んだ李未央にそっくりな女性に抱きつかれた七姨娘(しちいじょう)は「この子は私の娘ではないです。私の娘には、手頸に赤いあざがあります。この娘にはそれがありません。この子は私の娘ではない。私の娘は間違いなく―――この子です」と疑われていた心児(未央)を庇うのでした。
それを聞いた李尚書は「やはり未央は本物であったのだ。この李家を騙そうとした者たちを捉えよ」と言い放つのでした。

一方、その様子面白そうにみていた、拓跋余(たくばつよ)は帰り際に李常茹(りじょうじょ)に呼び止めらます。
その李常茹(りじょうじょ)に拓跋余(たくばつよ)は「従姉が本物と証明された。君はどう思う?」というと。
李常茹(りじょうじょ)は「強いものが本物になり、弱いものが偽物になる。真実は必要ありません」と答えます。
その聡明が答えに拓跋余(たくばつよ)は李常茹(りじょうじょ)に少し関心をもったようなのでした。

何とか難を乗り切った未央。
しかし、あの偽者誰だったのか、と思案していると護衛の君者桃(くんとう)曰く「あの者は恐らく、変貌術を使ったのしょう」というのでした。
他人があそこまで同じ人物になることなど出来ません。
なので、術を極めたものを使ったのでしょう、という君桃(くんとう)。

一方で。
母の七姨娘(しちいじょう)がやってきます。
そして、「あなたは何者なの?」と未央を聞きます。
すると、「私が偽物と分かっていながら、庇ってくださったのですか?」と聞く未央(心児)。
七姨娘(しちいじょう)は「先ほどの娘も偽物だったから。本当の未央にも赤いあざがあるのよ。耳の後ろに。でもそれが、あの子にはなかった」と言います。
それを聞いて未央―――心児は真実を告げるのでした。
「未央は私の恩人でした。ですが、殺されたのです!その首謀者は―――叱雲柔(しつうんじゅう)なのです」と告げるのでした。

今回はこんな感じでしたーーーーーo(≧ω≦)o
うきゃ~~ww
面白かったですよね!!
とうとう母親の七姨娘(しちいじょう)に本当の未央ではない事がばれちゃいましたが。。。
七姨娘(しちいじょう)庇ってくれましたよねヽ(≧∀≦)ノ
良い人です~~(*≧∪≦)

それに拓跋濬(たくばつしゅん)も。
「何があっても私は君を信じる」状態で、、、未央(心児)にラブラブですーーーーー+゚。*(*´∀`*)*。゚+

ですが、意外だったのが、李常茹(りじょうじょ)。
「別に真実は関係ない」っておお~な答えですよね\(◎o◎)/!!!
「強い者が勝つ、それだけです」と言い放ったのに、拓跋余(たくばつよ)を興味もった感じですよね~(*≧∪≦)

上手く世を生きていくには、これくらい強かでないと、だめなのかもしれませんよね!!

や、今日の続きも楽しみですーーーーーo(≧ω≦)o
続き気になります~\(^o^)/
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ・王女未央