FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「女王未央」24。

2018/05/05
ドラマ・王女未央 0
昨日もBS12で「王女未央」の放送がありましたよねww
観ましたよ~ヽ(≧∀≦)ノ

内容は、第24話「好機と危機」

太武帝が催す狩りが行われることになり、未央はそれに参加することになります。
すると、母親の七姨娘(しちいじょう)は未央のために衣を用意したりしております。
護衛の君桃(くんとう)にも、お金を渡そうとしますが、君桃は突っぱねます。
すると「母上のお気持ちよ。受け取って君桃」t言われ、渋々受け取る君桃。

一方、王宮では、狩りに李家が行く事を聞いた拓跋濬(たくばつしゅん)の元に叔母の拓跋迪(たくばつてき)がやってきて、「李敏徳(りびんとく)も参加するのか?」と尋ねてきます。
しかし、拓跋迪(たくばつてき)に振り回されている李敏徳(りびんとく)を気の毒に思ってか、拓跋濬(たくばつしゅん)は言葉を濁します。
しかし、従者の承徳が口を滑らし、李敏徳(りびんとく)も参加する事を知らせてしまうのでした。

そして、狩りの当日。
魏の国の太武帝から、「狩りで一番になったものは、朕が1つだけ何でも願いを叶えてやる」と言われます。
一同、色々と策略をめぐらせていました。

そんな狩りには皇族のほか李家、叱雲(しつうん)家らが参加。
李長楽も従兄の叱雲南(しつうんなん)の力をかり、李家に戻り、狩りに参加していました。
しかし、策謀をめぐらす李常茹(りじょうじょ)は、父親を切りつけた李長楽(りちょうらく)の悪評を流します。

しかし、それを聞きつけた拓跋余(たくばつよ)は、「なかなか賢いお嬢さんだ」と李常茹(りじょうじょ)に興味を持つのでした。

一方、悪評を流されたのは李未央(りびおう)の仕業と思った李長楽は焦ります。
しかも拓跋濬(たくばつしゅん)の母親・太子妃にも、その噂が耳に入り、長楽は必死で自分の無実を訴えるのでした。
そして、「それは妹・李未央が私を陥れたせいです」と太子妃に未央の悪口を吹き込むのでした。
太子妃は、長楽の言葉を鵜呑みにし、未央に敵意の目を向けます。

一方、未央の護衛の君桃(くんとう)は、父親の明叔(めいしゅく)と会っていました。
そこで、未央がこの狩りで一番になり、太武帝に涼の国の国王で未央の父親の無実の罪を暴こうとしている事を君桃から知らせれます。
明叔(めいしゅく)は王女に危険な目に合わせられないと、君桃(くんとう)にしかと護衛するように言い含め、自分は叱雲南(しつうんなん)を倒すというのでした。
しかし、叱雲南(しつうんなん)は相当な手錬です。
君桃は父を心配します。
ですが、自分が行動にでないと王女が危険なのです。

拓跋余(たくばつよ)は、李常茹(りじょうじょ)話をしております。
10年間も自分が狡猾な事を隠してきた李常茹(りじょうじょ)に拓跋余(たくばつよ)は強い関心を持ちます。
李常茹(りじょうじょ)は拓跋余(たくばつよ)にとって、自分は利用価値のある女である事をアピール。
拓跋余(たくばつよ)も李常茹(りじょうじょ)を駒の一つと考えたようです。

一方狩りでは。
未央が参加する事に、異を唱える拓跋濬(たくばつしゅん)。
しかし、自分の信念の為に、未央は参加を決意します。
すると拓跋濬(たくばつしゅん)は「何を陛下に訴えたいのか知らぬが、私も全面的に協力しよう」と未央を助ける事を決めます。

そして着々と狩りを進めていくさなか、叱雲南(しつうんなん)は未央を狙います。
が、側にいた拓跋余(たくばつよ)に助けられる未央。
思わぬことに動揺します。

拓跋濬(たくばつしゅん)の方は、矢を射た相手が李長楽で、驚きます。
長楽は射られた矢に驚き、足をくじいてしまいます。
「殿下、助けてください」というと、拓跋濬(たくばつしゅん)は射た矢を差しだしそれに長楽を捕まらせます。
長楽は拓跋濬(たくばつしゅん)のそんな冷たい態度に悲しくなりながらも、「幕舎まで送ってくださいませ」と頼みます。
拓跋濬(たくばつしゅん)は「私はそなたの想いに応えることはない」と言い放ちますが、長楽は諦めません。

仕方なく拓跋濬(たくばつしゅん)は長楽を馬に乗せ幕舎まで行こうとしますが、その道すがら未央とばったり出会ってしまいます。
未央は二人のそんな姿を見て、苦渋に顔を歪め、その場を去ってしまいます。
拓跋濬(たくばつしゅん)はそんな未央を、馬から降り、追いかけてしまいます。
長楽は「殿下!!私を置いていくのですか」と訴えると、拓跋濬(たくばつしゅん)は承徳に「長楽殿をお送りしろ」と命令するのでした。

そして、その日の狩りの成果はというと。
拓跋余(たくばつよ)が一番でした。

その夜。
叱雲南(しつうんなん)の元に明叔(めいしゅく)が忍び込みましたが。
叱雲南(しつうんなん)の力の前には明叔(めいしゅく)及ばず、捉えられてしまいます。
しかも、 明叔(めいしゅく)にある刺青から涼の国の護衛である事が判明します。
それから導き出された答えは「李未央はニセモノで、まことは涼の国の王女だな」と言われてしまうのでした!!

今回はこんな感じでしたーーーーーo(^▽^)o
ううう、未央の正体叱雲南(しつうんなん)にバレちゃいましたよね~(/_;)
ヤバいです!!!
それに明叔(めいしゅく)も捉えられちゃって…絶対絶命です!!!

しかし、李長楽。
あんなにはっきりと拓跋濬(たくばつしゅん)に「君の事好きじゃない」って言われてるのに。。。
全く諦めませんよね(;一_一)
…観ていて「鄭児みたい…」って思いました(そっくりですよね)!!
欲しい男の為なら、何だってやる的な。。。
痛い女ですわ(ーー゛)

それに従妹の李常茹(りじょうじょ)も。。。
かなり実は狡猾な女なんですね~。。。
李家の女って最悪なのしか、居ませんよね(;一_一)

しかし、続きが楽しみです!!
早く観たい立夏です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ・王女未央