FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「女王未央」32。

2018/05/22
ドラマ・王女未央 0
昨日もBS12で「王女未央」の放送がありましたよねww
観ましたよ(*^_^*)

内容は、第32話「敵か味方か」

道中で刺客に襲われるも無事に拓跋濬(たくばつしゅん)とともに平城に戻った李未央(りびおう)。
しかしこん睡状態で、太子妃はなんとかして拓跋濬(たくばつしゅん)を助けたいと奔走します。
そこへ、李長楽が見舞いにやってきます。

拓跋濬(たくばつしゅん)の状態を見て、心を痛めた長楽は、「私が看病を致します」と太子妃に願い出ます。
太子妃は「年頃の娘が男の閨に出入りしていると、皆からあらぬ噂をたてられて、あなたが嫌な目にあうわ」と言い含めますが、長楽は「殿下の事が気にかかって、心配になってしまいます。お願いです」と懇願します。
そんな長楽のけなげな姿に心打たれた太子妃は、長楽に看病を許可します。

その時、外に太武帝がやってきました。
太子妃と長楽は陛下を迎えるために外に出ます。
そして拓跋濬(たくばつしゅん)を見舞いにやってきたという陛下。
屋敷の中へ入ろうとした瞬間。
李未央が走ってきて、己も中に入れてもらえないかと、訴えます。
しかし太子妃は息子がこのような姿になったのは未央のせいだと思っており、未央を拒絶します。

が、未央は諦めません。
陛下に再度頼みます。
すると、陛下は「平安皇女よ。お前が宋の国の兵糧を焼いて、拓跋濬(たくばつしゅん)の戦いの勝利に手を貸したそうだな」と言うのでした。
その事を知らなかった太子妃は目を見開きます。
ですが、拓跋濬(たくばつしゅん)がこん睡状態のは変わりありません。

しかし陛下は未央の手柄を褒め、拓跋濬(たくばつしゅん)の元へ共に参ろう、と未央が屋敷に入ることを許可するのでした。
太子妃と長楽は面白くありませんが、仕方ありません。

そして屋敷に入ると劉太医が懸命に処置しておりましたが、急に体が氷のように冷たくなってきたのでした。
それに慌てる劉太医。
未央は咄嗟に近づきますが、太子妃がそばに寄る事を許可しません。
が未央は「私なら、その処置が分ります」と言い、拓跋濬(たくばつしゅん)の手をさすり、壺を押して身体を温めるのでした。

暫くすると、拓跋濬(たくばつしゅん)の体は元に戻り、劉太医も驚きます。
「珍しい治療法ですが、どこでかような方法を?」と聞かれ、未央は「帰り道何度か殿下にかような症状があり、その際この方法を身につけました」と答えます。
劉太医は感心し、「今の殿下には皇女が必要です」と言うのでした。
太子妃も拓跋濬(たくばつしゅん)を助けるために未央がそばにいる事を許可します。

ですが、長楽は面白くありません。
看病している未央の手から薬湯を奪い取ると、「私が殿下の看病をするわ」と言いだします。
未央は長楽と争いたくないばかりに、言われるままに部屋に下がります。

そこへ太子妃がやってきて。
長楽しかいない事に眉を顰めます。
ですが、それは長楽の企みでした。
が、その時、拓跋濬(たくばつしゅん)の病状が悪化します。
慌てて劉太医が脈を診ますが、危険な状態です。
「皇女を呼んでください」という劉太医に太子妃は侍女の呼びに行かせます。
ですが未央の意識はありませんでした。
その体に触れてみると、燃えるように熱いのです!!

慌てて劉太医に針治療をして貰い一命を取り留めた未央。
ですが、その間に拓跋濬(たくばつしゅん)が危険な状態になったことを聞き、すぐさま拓跋濬(たくばつしゅん)の元へ急ぎます。
献身的な態度を見て太子妃の心にも変化が。。。

そして拓跋濬(たくばつしゅん)の体調も少しずつ快方に向かっております。
そんな状態の殿下を診て劉太医は「これからは静かに休んで頂く為に、看病は皇女のみにお任せいたしましょう」と言います。
太子妃もそれが良いと、長楽に家に戻るように諭します。

長楽は顔を歪めながら、渋々頷きます。
その帰り、太子妃の屋敷で、長楽の侍女が未央に「せっかく毒を盛ったのに、効きませんでしたね」という言葉を太子妃は聞いてしまいます。
今までいろいろ画策していたのは長楽だったという事に気がついたようです。

一方未央は献身的に拓跋濬(たくばつしゅん)に尽くします。
そして目覚めた拓跋濬(たくばつしゅん)は「君が落とし穴の時に助けてくれた女人だろう?」というのでした。
おぼろげながら長楽とは違う女人を感じていた拓跋濬(たくばつしゅん)は、今まさに献身的に尽くしてくれている未央が「その人だ」と確信するのでした。

それから、拓跋濬(たくばつしゅん)は快方へ向かいます。
ですが未央は李家に帰っておりました。
その事に落ち込む拓跋濬(たくばつしゅん)。
しかし、太子妃は「もうこれから未央が来ても追い返さないわ。あなたの閨に通します」と言うのでした。

一方、李常茹(りじょうじょ)は拓跋余(たくばつよ)の屋敷を訪れ、その殿下の部屋で、自分の贈った帯を見つけてしまいます。
拓跋余(たくばつよ)が帯を身につけなかった事を知り、ショックを受けます。
そのショックを抱えたまま、李家に帰ると、未央が帰ってきていて、その時に拓跋余(たくばつよ)が、李未央が贈ったお守りは身につけている事を未央の口から聞いてしまいます。
李常茹(りじょうじょ)は怒りと悲しみに震えます。
今や彼女にとって最大の敵は李未央になってしまいました。

李常茹(りじょうじょ)は拓跋余(たくばつよ)を手に入れるために、拓跋余(たくばつよ)の屋敷へ行き、そこで倒れたふりをし、拓跋余(たくばつよ)の護衛の承安に部屋を用意させます。
そして部屋で休んでいる間に、間者を招きいれ、注意をそらし、拓跋余(たくばつよ)の部屋に侵入し、奏状を手に入れます。

李家に帰ってから、その奏状を開けてみると、叱雲南(しつうんなん)の悪事が書かれていたのです!!
「これがあれば、私の欲しいものが手に入る」とほくそ笑む李常茹(りじょうじょ)なのでした!!

今回はこんな感じでしたーーーーーーヾ(・∀・)ノ
うわ~~!!
李常茹(りじょうじょ)、、、性格の悪いの全面に出てきだしましたよね~。。。
拓跋余(たくばつよ)を手に入れるために、奏状盗んじゃいましたよ!!!

ですが、長楽の悪事は太子妃にばれたようです(^◇^)
やったーーーーーーww
ざまーみろ~~ww
悪いことしたら、絶対ばれるものなのよね~(-∀-)

これで拓跋濬(たくばつしゅん)と未央がイイ感じになってくれればww
いう事なしなんですが…。。。
ここからまた波乱がありそうですよね(>_<)

ですが、今週は放送がこれで終わりですからね~(/_;)
ショックです!!
…野球なんですね~。。。
もう、、、野球より「王女未央」が観たいのに~(>_<)

来週までお預けで、かなりショックの立夏です。。。
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ・王女未央