FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「女王未央」46。

2018/06/21
ドラマ・王女未央 0
昨日も「王女未央」の放送がありましたよねww
月曜からずっと観て、撮ってますヽ(≧∀≦)ノ

内容は、第46話「決死の杯」

李敏徳は、拓跋余(たくばつよ)が書斎に隠してある鍵のありかを隠れてみていて、知ります。
そして軍機所の鍵を手に入れると、軍機所に忍び込んだ李敏徳(りびんとく)。

一方、拓跋濬(たくばつしゅん)の妃・李楽は、夫のことを思い、手作りの料理を用意しております。
しかし、拓跋濬(たくばつしゅん)はそれを食べる事はせず、従者の承徳に呼ばれてその場を去ってしまいます。
長楽はそんな夫にますます不安に思うのでした。

一方宮廷では皇帝の御侍(じょじ)として使えることになった李未央は、皇帝が日々追われる公務に頭痛を抱えている事をしり。
皇帝を外に連れ出します。
そして履物を脱がし、石の上を歩かせます。
太武帝は「痛い」と愚痴を言いますが、未央は「黄帝内径にも、記載されている健康法です」と言って、皇帝の健康を気遣うのでした。
そんな未央に太武帝は優しさに触れながら、少し意地悪を言います。
「ではその黄帝内径を10回書き写せ」と命じます。
未央は実は字を書くのが苦手なので、ちょっと落ち込んでしまいます。

陛下を閨に寝かせると、宦官の宗愛が未央をねぎらって「桃花酒」を用意してくれておりました。
未央を喜んでそれを頂く事にします。

李敏徳は軍機所の鍵を手に入れ、軍機所に忍び込みます。
そこで「六鎮防備図」を見つけます。
これを盗むと、魏は柔然に陥落してしまいます。
ですが、未央を楯に捕られている敏徳は、仕方なしにそれを手に取ります。
そこへ矢が飛んできます。
敏徳は、拓跋余(たくばつよ)の兵に囲まれてしまいます。
多勢に無勢の中、何とか逃げようとしますが、拓跋余(たくばつよ)に刺され深手を負ってしまう李敏徳。

そこへ焦頭領が敏徳を助けにきますが、「未央の命は?」と聞くと、焦頭領は「もう手遅れです」と言うのでした。
敏徳は、未央を助けたい一心で防備図を盗みに入ったのに、未央が殺されると分かり、怒る李敏徳。
刺された傷を押して、命を狙われた李未央(りびおう)を救うため宮中へ向かいます。

そして、彼女に悟られぬよう自ら桃花酒―――毒酒をあおり、彼女の危機を回避するのでした。
それに気づいた焦(しょう)統領は李敏徳に解毒薬を飲むよう懇願します。
追いかけてきた拓跋迪(たくばつてき)も敏徳を助けようと必死です。
しかし李敏徳はなかなか解毒薬を飲もうとはせず、飲んで欲しくば焦統領に二度と李未央を傷つけないと約束させるのでした。
こうした経緯を知った拓跋迪(たくばつてき)は、翌日敏徳に問いただします。
「私を利用したのか?」と。
利用して防備図を盗みに入ったのか、と。
「そうだ」と答える敏徳。

真心で接していた自分に対して、酷い仕打ちだ、と泣く拓跋迪(たくばつてき)。
敏徳も「私が赦せないなら殺せばいい。なれど私も盗みだのしたくなかった。だから盗まずおいたのだ」と答えるのでした。
拓跋迪(たくばつてき)は未央を楯に捕られて、ようしようもなくてやってしまった李敏徳に理解を示します。
そこへ拓跋濬(たくばつしゅん)がやってきます。
敏徳の元に叔父の、拓跋余(たくばつよ)が攻め込んだと聞きつけ、未央に頼まれ様子を見に来たのです。
敏徳は拓跋迪(たくばつてき)に頼み、拓跋濬(たくばつしゅん)にこの事を黙っていてほしいと頼みます。
拓跋迪(たくばつてき)は黙っていますが、拓跋濬(たくばつしゅん)には見破られしまうのでした。

そして拓跋濬(たくばつしゅん)は敏徳に「あなたは魏を裏切らないと思っていた」と言われます。
敏徳も「私も魏を裏切りたくない。ゆえに何も盗んではおらぬ」と答えます。
すると拓跋濬(たくばつしゅん)は「これで我らは友でいられる」と喜ぶのでした。

一方、李長楽が宮廷にきていると、李常茹(りじょうじょ)の侍女・蓉児に呼ばれ、李常茹(りじょうじょ)の元へ行く事に。
長楽は自分が李常茹(りじょうじょ)を裏切った事を恨まないで、と言います。
李常茹(りじょうじょ)もそれには納得しております。
「しかし大姉さま、高陽王殿下を信じすぎないでください」と言われます。
「何を?」と言うと、「殿下はお姉さまを裏切っております。そしてお姉さまが太子妃を殺した事もご存じなのですよ。…この度の婚儀も南安王と高陽王が取引したせいで、お姉さまを娶ったのです。高陽王が愛しているのは、今も昔も李未央だけ」と言い放つのでした。
その言葉に動揺する李長楽でしたが「殿下は私を愛しているわ」と吐き捨てます。
すると李常茹(りじょうじょ)はほほ笑みながら「ですがお姉さまは一度も愛されていないはず」と答えるのでした。
李長楽に中に疑念が浮かぶのでした。
李常茹(りじょうじょ)は自分が動けないのであれば、他の者を使って未央を殺すまで、とほほ笑むのでした。

一方拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋余(たくばつよ)は雑戸や営戸と言った捕虜の扱いについて対立を深めておりました。
2人の意見を聞く太武帝。
しかし、その第三の意見として未央に意見を求めるのでした。
未央は涼の国の昔話を例にとり、拓跋濬(たくばつしゅん)の意見に後押しします。
太武帝もその意見に賛成し、余以外が笑っている所で、余が太武帝に願い出ます「李未央との婚儀をお赦しください」と。

今回はこんな感じでしたーーーーー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

おおお、敏くん!!
めっちゃイケメンですね(*≧∪≦)
慕っている未央を助けるために、必死なる敏くんww
一番物事が俯瞰的に見れてます(*´∀`人 ♪
歳若いのに、、、えらいなww
未央の事は、義母の周雪梅さんと同じくらい大切なんですよねww
ええ子じゃーーーーー゚。*(*´∀`*)*。゚+

それに拓跋濬(たくばつしゅん)と未央もイイ感じですよねww
でも、、、拓跋余(たくばつよ)が…(;一_一)
色々画策中です!!
…ですが、余カッコイイですよね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ヴァネス・ウー、めっちゃ好みですww
母も私も王女未央ではヴァネスが一番好きキャラですねww
その次が、ヴァネスの従者の承安ですww
敏くんもいいですが、ね(´ω`人)

や、なかなか面白くなってきましたーーーーーwww
長楽も拓跋濬(たくばつしゅん)の事分かったぽいですし(^◇^)
ざまあみろ、です(笑)。

や、今日の続きも楽しみですよね(* ´ ▽ ` *)
がっつり観ます.゚+.(・∀・)゚+.
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ・王女未央