FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「武則天」42。

2018/10/17
ドラマ 0
ちょっと、とある事を知ってしまい、凹んでいる立夏です。。。
多分解る方には、解ると思うのですが、凹みが半端ありません(っω・`。)

今はそっとしてやって頂けると有難いです…( ノД`)

それはさておき。

昨日は2週間ぶりに「武則天」の放送がありましたよねww
観ましたよ~!

内容は、第42話「楊淑妃の真実」

第4皇子の李泰は李世民に、「私は視野を広げるために皇太子になりたいのです」と訴えます。
しかも「父上の御懸念は、存じております。私は兄弟を邪険に扱ったりいたしません。私が皇太子になった暁には、我息子を殺し、弟の李治を皇太子に据えてます」と訴えるのでした。

しかし、この言葉を聞いた陛下は、このような残忍な考えでは…と思います。
そして、長孫無忌ら4人の大臣を呼び、李泰の立体子について協議します。
ですが、やはり長孫無忌らは「このようは残忍な方では、皇太子は務まりません」と皆反対するのでした。
そして第9皇子の李治を皇太子に据える事を薦めます。
李世民もそれを承諾し、李治を皇太子に据えます。

ですがそれを知らない李泰は自分が皇太子になれるものと信じて疑いません。
しかしそこに陛下の聖旨をもった宦官がやってきて、李泰に「括地志の編纂で疲れが出ているようなので、ひと月の間朝廷を休むように」と言い渡せてます。

その時初めて李泰は、皇太子には選ばれなかった事を覚のでした。

一方この機に乗じた楊淑妃は、李泰や李治、さらには李世民も排除しようと目論むのでした。
李泰に李治を殺させ、自分の息子の李恪を帝位に付けるが真の目的だったのです。

楊淑妃の望みは、亡き夫の元吉の敵を討ち、そしてその息子の李恪が帝位に就くことだったのです。
しかし李恪は自分は李世民の息子だと思っていたので、困惑します。
しかも父や弟を殺してまで帝位は欲しくないと訴えます。
ですが母の積年の思いと、過去の真実を知った李恪は、楊淑妃の計画どおり謀反を起こすことに同意します。

一方、李治は兄の李泰も元を訪れます。
そして実の息子を殺し、自分は皇太子になるだけの器量があると陛下に訴えようとしておりました。
人が変わったように李泰は息子や侍女を追いかけまわし、刃を突きつけようとします。
そこへ李治がやってきて兄を止めます。
が李泰は反対に李治を拘束し、陛下に謀反を起こすのでした。

そして武媚娘は漸く李牧と後宮を後にしようとしますが。
李牧の部屋に行くと、書きおきがあり、皇太子の失脚や李泰の件はすべて楊淑妃の罠だった事を知るのでした。
媚娘は急いで李格の元へ走ります。

一方李泰を招きいれ、その機に乗じて皇太子になろうと準備を進める李恪の前に突然 武媚娘が現れ、李恪を説得するのでした。

今回はこんな感じでしたーーーーwww
今回はかなり面白い展開でしたよね(#^.^#)
一番面白かったかもしれませんww

しかし、李泰…馬鹿ですね~(ーー゛)
そんな息子を殺すような奴は、絶対弟なんか容赦しませんよね??
…完全に語るに落ちている李泰。。。

それに李格が、実は皇帝の子供じゃなかったというのも吃驚です\(゜ロ\)(/ロ゜)/
楊淑妃はイイ人の面をかぶったえげつない人だった事が判明…。。。
これもかなり驚きました!!

や、来週の続きもめっちゃ楽しみですーーーーー(〃▽〃)

それから、昨日もコメント頂きました。

● junさま ●

お返事はコメント欄にさせて頂いております。
おおぅ、、、そうですか。。。
ちょっとそれを知って、はぅぅ…となっております(>_<)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ