FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「武則天」63。

2019/04/17
ドラマ 0
昨日もドラマ「武則天」の放送がありましたよね!!
前日の風邪も治ったので、がっつり拝見しました(・∀・)

内容は、第63話「増していく不信感」

李治の第一皇子の李忠は皇后・王玉燕に招かれ、立政殿に来ていました。
そこで新しい衣や食べ物を貰い、李忠は嬉しそうにしております。

その様子を伺いながら皇后は李忠に立政殿に住まないか、と誘います。
李忠は「偶に家に帰れるますか?」と聞きます。
ですが、立政殿に住んでしまったら、劉氏の元へ返す事は出来ません。
そう告げると、李忠は「お邪魔しました」と言って帰っていきます。

皇后は何としても李忠を養子にするべく、侍女の秀珠に命じ、李忠を引き渡すよう劉氏に迫ります。
そして養子にした後でも3ヶ月に一度は会えるようにする、と告げるのでした。

ですが李忠を生きがいとする劉氏は皇后の要求を拒絶します。
それに激怒した王玉燕は、劉氏を密かに葬り去ろうと考えるのでした。
一方、劉氏からの相談で皇后のその動きを察知した武媚娘は、劉氏と李忠を利用して王玉燕を倒そうと企みます。
そして呉王に毒薬を手に入れるように頼むのでした。

一方、宮中では李恪と武媚娘が内通しているとの噂が流れます。
その噂に動揺した李治は李恪への不信感を募らせ、心の内を明かそうとしない武媚娘に対しても不安を抱くようになっていくのでした。
ですが呉王は媚娘の冷徹な復讐の手口に辟易として、「これ以上は手をかさない」と告げて去って行くのでした。

李治はその間に李義府を「国史」の編纂に携わるように、と命を下します。
李義府は「寒門出の私にはこれ以上にない名誉です」と言って大喜びします。
その際李治は地方に呉王を飛ばす案を提案し、「どう思うか?」と訪ねます。
李義府は自分の味方は陛下と呉王だけだ、と言い…やはり呉王の左遷にはいい顔をしません。

そこへ呉王本人がやってきます。
そして「皇子たちの剣の師匠は辞したい」申と申し出るのでした。
李治はそれを受け入れ、呉王と剣の手合わせをします。

その際呉王は李治の剣の腕が格段に上がっていたことに驚きます。
すると李治は「朕の目標は文武両道だ」と言って笑います。

しかし、やはり兄に不信感がある李治の様子は変です。
呉王は素早く李治の剣を落とします。
そして剣を下ろすように、と言うのでした。

李治は苦笑しながら「この剣は朕の愛剣だ。朕は愛したものは最後まで離さず、愛用し続ける。…妃もそうだ。あの者と添い遂げるのは父上でも兄上でもない。―――私だ」と言うのでした。

そして一方劉氏は王皇后の侍女によって毒を盛られ、7日の命と宣告されてしまいます。
劉氏は媚娘に李忠の事を託します。
媚娘は王皇后から李忠を守ると約束します。

そして悔しがる劉氏に王皇后へ一矢報いる方法を授けます。
「王皇后に李忠を渡すと告げるのです」とささやき、さらに瑞安から毒入りの指輪を渡されるのでした。

そして李忠を伴い立政殿に向かう劉氏たのでした。

今回はここまですヾ(o´∀`o)ノ

や、面白かったですね~っw
とうとう媚娘、王皇后への復讐を開始し始めましたよね( ^ω^ )
面白くなってきましたっw

ですが、王皇后って見た目優しそうなのに…かなり腹黒い人間と判明しましたね!!
ちょっと吃驚です(°_°)

や、媚娘と王皇后の戦いが見物ですな~っw

ですが李忠の母親の劉氏が可哀想ですね~。。。
かなり追い詰めれておりますよ!!

ああ、早く続き見たいです(´ω`人)
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ