FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「武則天」75。

2019/07/10
ドラマ 0
昨日もなんとか「武則天」の放送見れました。
深夜だと時間取れやすいですが、ちょっとしんどいです(/_;)

内容は、第75話「新たな皇太子」

李忠は皇帝暗殺に失敗すると、武媚娘を恐れて東宮ではなく実母と住んでいた劉氏の家(宮)に身を隠すようにしておりました。
ですが媚娘に見つかり、そのまま李忠になぜ陛下を狙ったのか、と問いただされます。
皇太子は、今までの恨みを媚娘にぶちまけますが、媚娘は忠実に李忠の母との約束を守っていたのでした。
ですが、その気持ちは伝わらず、李忠には恨まれていたのです。

媚娘はこのままうやむやにはできないと李忠に皇太子の位を辞すように迫ります。
本当は拒否したいのですが、皇帝暗殺に失敗した李忠は、その命令に従うしかありません。

同じ頃、太極殿では李義府たちが独断で、皇太子の謀反を李治に報告していました。
それを知った武媚娘は、李義府たちに勝手な真似をしないよう釘を刺すのでした。
ですが、その訴状を読んで李治は本当に皇太子が媚娘の暗殺を謀った事をしります。
さらに、同時刻に皇太子から太子の位を辞するとの訴状が届き、李忠の謀反が確定するのでした。
李治は李忠の悪事を認め、李忠を皇太子の座から外すのでした。

李忠が梁王として梁州に下ると、次の皇太子選びが始まりました。
李治と媚娘との間には李賢と李弘の二人の嫡子がいます。
二人の様子を見ていて、媚娘は李弘の優しい性格に好感を持っておりました。
一方李賢は兄を卑劣な手で蹴落としかねない粗野に部分があり、あまり良く思ってはいないのでした。
しかも李弘は父親の李治に似ていて、仁に心を持ち、君主にふさわしいと考えているのでした。

ですが李治は才知あふれる李賢を推ますが、武媚娘は温厚な李弘を支持するのでした。
「李弘の陛下にそっくりな性格は君主にふさわしい」と。
李治も自分に似た息子を推され、武媚娘に説得された李治は、最終的に李弘を皇太子に立てるのでした。
さらに寒門出の者たちを広く採用出来るように、編纂させていた「姓氏録」が出来上がり、着々と門閥を追いやるように仕向ける李治と媚娘なのでした。

ですが、間者の情報から父皇が自分を推している事を知った李賢は、自分が太子に立つと信じ、新しい衣を着て勅を待つのでした。
が、勅使は来ず、兄の李弘が太子に立った事を知ります。
さらに母の媚娘が李弘を推した事も知るのでした。

今回はこんな感じでしたっっw
や…ウザかった李忠が漸く太子の座から引きずり下ろされましたよね!!
やったーーーーー\(^o^)/
こいつマジでむかついていたので、めっちゃ嬉しいです(´ω`人)

折角実母から頼まれて媚娘が目をかけてやっていたのに。
いつも恩を仇で返すような事ばっかりしてて、イラつきましたプンヾ(`・3・´)ノプン

まあ、今回太子の座から落とされたのも自業自得ですが、ざまあ見ろです(*` 艸 ´)

代わりに李治と媚娘の息子の李弘が太子になって…。
これまた良い感じヽ(´∀`)ノ
ただ李賢は不満そうでしたが…。。。

ここから先はどうなるのでしょうか??
続きが楽しみですよねっw
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ