FC2ブログ
Syndromeな日々。

Welcome to my blog!

ドラマ「武則天」77。

2019/07/24
ドラマ 0
ドラマ「武則天」も漸く77話目まで来ましたよ~!!
ラストの82話まで後少しです!!
足かけ2年…、長かったわ~(>_<)
まあ、まだ終わってませんが…(^◇^;)

で、今回の内容は、第77話「賢臣の幕引き」

泰山で武媚娘の暗殺を企てたとして流刑が決まった長孫無忌は、李治宛ての文で過ちを懺悔し、"関隴でも寒門でも勢力は均衡を保ってこそ国は安泰する"と説くのでした。
それを読み、李治は改めて叔父を思い、国を思うのでした。

一方で、流刑地長孫は、寒門派の一員でありながら、出自は門閥派の郭と内密に話をしておりました。
その際、実は郭は長孫が世の流れを見た際に、このままでは門閥派が排除されると危ぶんで置いた布石だったのです。
そして、このまま行くと寒門派の李義府や、許敬宗たちが自分勝手に動き、陛下や大唐帝国を重石になるだろうと考え、郭を寒門派の一員に仕立て上げたのでした。

そしていつの日が門閥派の復活の布石にするつもりなのでした。
しかし、長孫はその後亡くなるのでした。

そして李治も知らなかった事を知ってしまいます。
それは李忠を廃太子にする前に催した宴での事。
実は李忠は皇帝である自分を暗殺しようとしていたこと。
さらに武媚娘の暗殺計画に李忠が関与していたことを知ります。
それを媚娘にもしらせた李治は、李忠に毒酒を下賜するのでした。
李治の代わりに毒杯を用意するように手配した媚娘は、約束通り李忠を消し去るのでした。

一方、武媚娘の母親・栄国夫人が死んでしまいます。
栄国夫人は媚娘の姉の方だけを可愛がり、媚娘の事は恨んでいたようで、最期まで媚娘に会うことはなかったのでした。
しかし、李治は媚娘が母の気持ちを思いやり、姉に対し悪い印象を植え付けさせないために、あえて媚娘が栄国夫人の気持ちをくんでいたことを知っておりました。
妻の優しい気持ちを李治は理解しておりました。

そして葬式のために洛陽に戻っていたのですが。
そこで姪の敏月と久々に再会します。
敏月が快活な性格に育っており、媚娘は姉や栄国夫人の為のために、洛陽にいた姪の賀蘭敏月を皇宮に連れて帰り面倒をことにします。
幼い時に李弘や李賢は共に育った仲。
媚娘は賀蘭敏月を妹のように世話してやるように命じます。
そして賀蘭敏月の為に催された宴で、久々に従姉妹を見た李弘は、その美しさに目を奪われてしまうのでした。

一方、政務で多忙な叔母の武媚娘に代わり李治の世話をする賀蘭敏月は、おてんばだが陽気な性格で李治に気に入られるのでした。
そんな賀蘭敏月の様子を見て媚娘も陛下の為に連れてきてよかったと思うのでした。

ですが、その様子から臣下たちは賀蘭敏月は媚娘が後宮に入れる為に連れてきたと認識しているのでした。
その事を知った李弘はショックを受けるのでした。

今回はこんな感じでした。

おおお!!
とうとうウザかった皇太子・李忠が死にましたね!!
あいつ、マジで恩を仇で返していたので、さっさと排除されれば良かったのに!!と思っていたので。
ナイスです( ^ω^ )

ですが、また新たなキャラで、賀蘭敏月ってのが出てきまたね。。。
ガチで姪を後宮に入れるのかな??

ちょっと李弘が可哀想な感じもしますが…。。。

来週の続きが楽しみです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
立夏
Admin: 立夏
関西在住の雑食オタ女。
同人活動もやってますが、只今台湾(華流)ドラマ「RAN陵王」に超夢中ww
さらに最近「三生三世枕上书」にも沼ってます!

「RAN陵王」中毒気味です。
おかげで、蘭雪で2次SSやイラストを書き出す始末(笑)
設定は、一応原作中心です。

他にも他ジャンルのSSがあったり、ドラマの感想・本・マンガなどの感想を中心に色々書いてます。
https://twitter.com/SyndromZeroxx
ドラマ